2012年07月27日

イタリアンローストとフレンチロースト




イタリアンロースト



フレンチロースト

コーヒー豆の成分は、熱が加えられると変質して
味や香りも変化していく

焙煎が浅いほど酸味が強く
深いほど苦味が増す

どんなコーヒー豆にも合い
苦味と酸味のバランスが良いのが
ハイローストからシティローストになる

アイスコーヒー用やエスプレッソ用
ミルクを入れる、アレンジコーヒーやカフェオーレ用には、
イタリアンローストやフレンチローストまで
焙煎度をあげる(写真)

ただもっとも焙煎度がすすんだ、イタリアンロースト(写真上)は、
ここまであげると個々の豆の特性がでにくい
フレンチローストまでが、豆の特徴と苦味の
バランスが良いように思う

http://cafe-park.com/16.html









同じカテゴリー(コーヒー豆の焙煎)の記事画像
古いの?
水分含有量の違いで
サントゥアリオ農園煎りました
中浅煎り ミディアムロースト
中煎り ハイロースト
中煎り シティロースト
同じカテゴリー(コーヒー豆の焙煎)の記事
 古いの? (2012-10-17 10:51)
 水分含有量の違いで (2012-09-08 12:01)
 サントゥアリオ農園煎りました (2012-06-12 08:10)
 中浅煎り ミディアムロースト (2012-03-21 10:01)
 中煎り ハイロースト (2012-03-20 10:01)
 中煎り シティロースト (2012-03-09 19:02)

※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。