2018年09月23日

ハワイコナ




ハワイコナ

エクストラファンシー焙煎

コナ最高グレード

エクストラファンシーを

シティローストで

焼きました  


Posted by cafe-park at 15:27Comments(0)豆のこと

2014年09月18日

ゲイシャ



平成26年9月17日の産経新聞

2000円コーヒーとあった

パナマ産の高級豆、ゲイシャ種を1杯1998円で販売するらしい

(朝日新聞デジタルでも)

史上最も高いコーヒーとあった


豆売りは、250g入り10800円とあった
100当り4320円くらいかな・・・




カフェパークにも入ってきた

当店のは、エスメラルダ農園のゲイシャ

価格も店頭販売価格は、もう少し、いやかなり

お買い得かな

100gから買えるので おすすめ・・

いつでも入ってくるコーヒー豆でないので

この機会に 飲んでくださいね


=== パナマ エスメラルダ農園(ゲイシャ種)入荷 ~ 世界一高価といえる ~ ===

ゲイシャ種

(日本の「芸者」とは関係なくこのコーヒーが発見されたエチオピアの山の名前に由来しています。)

ゲイシャ種はスペシャルティコーヒーの世界で最も注目を集めている品種です。

2004年パナマの国際オークションでラ・エスメラルダ農園が出品したコーヒー豆が

驚きの審査結果で優勝し

有り得ないほど高値で落札されたのが始まりです

2007年のオークションでは、史上最高値の落札価格を記録して優勝しています

ゲイシャ種は栽培が難しく、生産性が低いため非常に貴重な品種です

パソコンやスマホで ゲイシャ種 を検索してみてくださいね

みんなが口をそろえて言われるゲイシャ特有の香りとフルーツのような味わい

がありますよ
  


Posted by cafe-park at 10:37Comments(0)豆のこと

2014年09月16日

ハイチコーヒー




原産国ジャマイカにおいてハリケーンサンディの影響と

さび病のためブルーマウンテン№1の生豆の入荷が止まっています

替わりの豆としまして、同じカリブ海沿岸からハイチを入荷しました

ソフトな風味とマイルドな口当たりは

ブルーマウンテンと同じくティピカ種の特徴です

ハイチコーヒー

ブルーパインフォレスト

ハイチらしいクリアで繊細な味がします
  


Posted by cafe-park at 17:18Comments(0)豆のこと

2014年08月29日

ブルーマウンテンについて



(写真は、ハイチコーヒーのカップテスト)

原産国ジャマイカにおいてハリケーンサンディの影響とさび病のため

ブルーマウンテン№1の生豆の入荷が止まっています

当店では、手持ちの生豆を焙煎してお届けしてましたが

在庫もなくなってしまいました

皆さまには、ご迷惑をおかけし、申し訳ございません

次の入荷があるまでブルーマウンテン№1とブルーマウテンブレンドの

販売を中止させて頂いています


替わりの豆を検討してます

同じカリブ海沿岸からハイチが入荷しました

ソフトな風味とマイルドな口当たりは、

ブルーマウンテンと同じくティピカ種の特徴です

この豆をベースとしたブレンドもつくります


今後ブルーマウンテンは、

入荷価格が高くなるかもわかりませんが、

商社在庫分でも入荷できればと

期待しています・・・


  


Posted by cafe-park at 11:07Comments(0)豆のこと

2014年02月23日

ハイチ







ハイチコーヒー

オゥ・デバリエール テストしました

カリブ海に浮かぶ、イスパニョーラ島

ジャマイカやキューバと並び

ハイチもソフトでクリーンな味が

世界的に評価されてます


haut desbariere このhaut(オゥ)は、

高級なとか格調高いと言う意味らしいです

前にも入荷したが、これは

ニュークロップかも

味は、ティピカ種ですので

やはりクリアで軽めです

カリブ海コーヒーらしいです

あと2種類くらいテストして

またカフェパークに

置きます・・・  


Posted by cafe-park at 10:57Comments(0)豆のこと

2013年11月23日

キボ








タンザニアのコーヒー、2種類です

タンザニアAAキボとモンジュール

今回は、「キボ」をカップテストします

アフリカの最高峰キリマンジャロ山のふもと、緑に囲まれた美しい
モシ市は、毎年多くの著名な登山家が訪れる登山口の町として有名です

標高5,895メートル、雲の上にある山の頂上「キボー・ピーク(峰)」です
TANZANIA AA KIBO」は、数あるモシ市のコーヒー業者の中から
特に技術の確かな業者を選りすぐり、味と香りをテストして
買いつけた後厳しい品質基準を満たすために再度精選した
最高級のコーヒーにのみ名づけたものです

キボを フルシティローストまで焙煎してます

酸味をおさえて コクと香り重視です

このコーヒー産出量は、少ないらしいが、

品質は、高いです

これは、深煎りでお店に置こうかと思います


  


Posted by cafe-park at 12:43Comments(0)豆のこと

2013年10月13日

ウォーレンフォードエステート






ブルーマウンテン NO、1 ウォーレンフォードエステートと

クロワッサンで 朝食・・・なんて、フランス人みたい

と言っても パンも近所のセブンのんやけどネ・・おいしい

ブルーマウンテンは、柔らかな酸味・甘味それに

すこし苦味がある やっぱり飲みやすい

今日の試飲も これにした・・・


ウォーレンフォードエステート

高地に適したアラビカ種ティピカと、ジャマイカ特有のカッと照りつける太陽、
シャワー、霧と昼夜の寒暖の差が、調和のとれた風味と香りのある
コーヒーをつくっている

ジャマイカ政府 産業庁の厳しい管理のもとで輸出(樽詰規格)されている

http://cafepark.ikora.tv/e913652.html
  


Posted by cafe-park at 11:30Comments(0)豆のこと

2013年08月24日

エルサルバドル








カップテストもわずか・・

エルサルバドル サン イシドロ農園 パカマラ

『パカマラ種』は、ブルボン種の突然変異種の「パカス」(Pacas)と

「マラゴジッペ」(Maragogype)をかけあわせた品種で

エルサルバドル特有の品種です、

マラゴジッペのように非常に大粒です

エルサルバドル西部サンタアナ火山山ろくのアパネカにある

サン・イシドロ農園ではシェードツリーの下で、

この希少なパカマラ種をわずかに2ヘクタール栽培しています

テストのほうは、ピーチみたいな

甘い、フルーツ系の味みたいですね

好みが、分かれるかも

今回は、入荷しないが、パカマラ種も

少しいいかも・・・  


Posted by cafe-park at 11:41Comments(0)豆のこと

2013年08月19日

コスタリカ






コスタリカ エルバス農園 トーニョ ハニー

エルバス農園では、年間約1000袋 生産しています

2008、2009年には、連続してカップオブエクセレンスに入賞し

世界のスペシャルティコーヒー市場からも高い評価を得ています

このコーヒーは、*ハニーコーヒーということで すこし甘味がのこり

香りもある

*ハニーコーヒー仕立て 収穫されたコーヒーチェリーを果肉除去したあと
  発酵工程を おかずに粘液質が残ったまま 乾燥させる

  


Posted by cafe-park at 08:02Comments(0)豆のこと

2013年08月18日

ハイチ






ハイチ オゥ・デバリエール

カリブカ海に浮かぶ、イスパニョーラ島

ジャマイカやキューバとならび

ソフトでクリーンなコーヒーの味が

世界的に評価されている

このコーヒーは、ティピカ種でクリアで軽い口当たり

飲みやすいコーヒーです

Haut (オゥ)とは、フランス語で高級な・格調高いと言う意味  


Posted by cafe-park at 15:20Comments(0)豆のこと

2013年08月16日

モンテ・アレグレ








ブラジルコーヒー モンテ・アレグレ イエローブルボン100%

ミナスジェライス州南部、標高3,300~3,600フィート位置し、

ブラジルスペシャルティコーヒー協会(BSCA)のメンバーでもある

モンテ・アレグレ農園はスペシャルティコーヒーの世界に名だたる大農園です

広大なモンテ・アレグレ農園の中でも、最高のコーヒー豆が生産されているのが

162ヘクタールのブルボン専用区画です 5月から6月の収穫時期には、

完熟したチェリーが深い光沢と張りを持つようになります

ブルボン専用区画で収穫された実を*パルプド・ナチュラルで精製し
*(パルプド・ナチュラル 未熟豆を弾き、完熟豆だけを集める)

BSCAによる品質検査に合格したものだけを「モンテアレグレ ブルボン」とし

高い品質とトレーサビリティの確保されたBSCA認証コーヒーです

BSCA認定コーヒーとは、高い品質で、かつ人や環境にやさしい方法で作られたコーヒーです。
ブラジルスペシャルティコーヒー協会では、環境にやさしい農法を行い、農園内に森林を残し、
労働環境を整えられた優れた農園をBSCA認定農園とし、この農園で収穫されたコーヒーで
所定の品質検査(カップテスト)に合格したもの(カップオブエクセレンス基準で80点以上)を
BSCA認定コーヒーとして麻袋にBSCAのロゴがプリントされます

ちょっと説明っぽくなりましたが

濃厚なフレーバーがあり 浅煎りでも酸味が穏やかです

ストレートでもすっきり飲みやすく なかなかいいです  


Posted by cafe-park at 08:01Comments(0)豆のこと

2013年08月14日

ドミニカ










カッピングサンプルのコーヒーが来た

今週中にこの中から 1つ決めないと・・まずは、ドミニカ2種類から

カリブ海に浮かぶイスパニョ-ラ島、この島の東部がドミニカ共和国です

面積は九州と同じくらいの小さな国です

この島にコーヒーがやってきたのは18世紀の初め頃です

中南米の中でも最初の頃にコーヒーが導入されたのがこの島です

すっきりとしたカリブ海コーヒーの特徴を持ちながら、

ライムのような香りをもつのがドミニカのスペシャルティコーヒーの特徴です

最初にアルフレッド・ディアス農園から プリンセサ

少し軽い、カリブ海系は、浅煎りであっさり、すっきりというが・・・

メラニア農園からは、メラニア

甘味が強い、苦味、コク系ではないが

どちらもスッキリ飲みやすい

すこし検討、別の種類もテストしてみる  


Posted by cafe-park at 10:55Comments(0)豆のこと

2013年06月08日

ブルーマウンテン






ブルーマウンテン樽

これは、小樽15kg入り

かわいいのが入ってきた

(普通は、70kg入り)

ブルーマウンテン・エリアはブルーマウンテン山脈の標高800~1,200mにあります。

1953年ジャマイカ政府は法律によって、このエリアと他のエリアとの間にはっきり境界線を引くと同時に、

ブルーマウンテンの名称は、ブルーマウンテン・エリア以外で生産されたコーヒーに使用してはならないと定めました。

従って、この選ばれた地区でできたものだけがブルーマウンテンコーヒーと呼べるのです。

(ジャマイカ ブルーマウンテンコーヒーHPより)
http://www.bluemountain.gr.jp/about/

(ブルーマウンテンのカフェ紹介に カフェパークも)
http://www.bluemountain.gr.jp/cafe/090.html
  


Posted by cafe-park at 08:20Comments(0)豆のこと

2013年06月07日

ハワイコナ






世界でも「極上」のコーヒーとして知られるハワイ島、コナ・コーヒー

ハワイ島のコナ地域でしか栽培されていない

生産量の少ない世界最高級のコーヒーです


今回、ハワイコナコーヒーの最上級グレードの「エクストラファンシー」

会社に残っていた在庫品(貴重品になってしまった)焙煎しました

コナコーヒー豆の中で最も大きく肉厚な最上級品です

まろやかで芳醇な香りを持ち、豊かなコクと独特の酸味

後味のほのかな甘みがあります


ハワイコナコーヒーは、ブロッカー(害虫)の被害で

今年の収穫も見込めないようです

カフェパークも今回焙煎分で

今年度は、多分入荷なしです・・・





  


Posted by cafe-park at 08:20Comments(0)豆のこと

2013年04月02日

アイスコーヒー





リキットタイプ用のアイスコーヒーのカップテスト

何回かアイスコーヒーたててます

上が少し軽め、このコーヒーは、

やさしい口あたりにならないと・・・

でも水っぽいのもだめ・・・

同量のコーヒー、同量のお湯でテストしてるので

ベースの豆の焙煎度合いが大切ですね






  


Posted by cafe-park at 10:22Comments(0)豆のこと

2013年03月08日

ケニヤ・ムガヤ②




ケニヤ・ムガヤAA

シティローストで焙煎してみた

最初の1~2分、きれいに膨らんでくる



試飲してみた

この時点でコーヒー豆は、ほのかに香りがする

これは、焙煎後2日くらい後からもっとしてくるみたい

味は、深いがそんなに苦くない

あと味の印象もいい、コーヒーの余韻も感じる

店頭にも並べます、またお試し下さいね・・




  


Posted by cafe-park at 09:59Comments(0)豆のこと

2013年03月05日

ケニヤ・ムガヤ





 
ケニヤコーヒー ムガヤファクトリーAA

先日テストした(2/8 http://cafepark.ikora.tv/e870579.html

ケニヤ・ムガヤ入荷した

さすが高級品、大きな真空パックに入って来た

ケニヤは、生産されるコーヒーの品質が世界で

最も優れている国のひとつという評価を得ている 

これからテストローストしてみる

中深煎りのシティローストくらいから・・・

この豆は、これくらいだと香りもいい感じになりそう

味も香りもテスト結果は、またUPします  


Posted by cafe-park at 10:07Comments(0)豆のこと

2013年03月01日

スノートップ




アフリカの最高峰、キリマンジャロ

頂きは万年雪で覆われています

タンザニアコーヒーは、山の緩やかな斜面に育ち

ティピカとブルボンの配合種のケント種が栽培されてます

その中でも ひときわ大粒で気候条件に恵まれた

アルーシャ地方の高地にだけ産する、ごく少量のコーヒーを

最高級品との意味合いから他と区別し

「スノートップ」と呼んでます

この名前は、キリマンジャロの万年雪から来ています

カフェパークでは、このスノートップを

フルシティロースト(深煎り)で焙煎しています

すっきりした後味の苦味があります

  


Posted by cafe-park at 08:30Comments(0)豆のこと

2013年02月10日

ラ・モンターニャ農園




写真、ハイパワーミル

少しコーヒーの挽き方について

(今回は、器械の詳細や種類は割愛しますが)

いつもテストでは、

同じ量、同じミル、同じ挽き加減に決めてます

出来あがり3杯分、コーヒー30g、ミルは写真の機器、

挽き加減は、目盛⑦(中荒挽き)です



写真、コーヒー粉、30g

テストで たてる時は、

ペーパードリップにしています

水の量も決めてます

(コーヒー出来あがり420ccです)



今回、ホンジュラス ラ・モンターニャ農園

レインフォレストアライアンス認証 http://cafepark.ikora.tv/e813695.html

なども取得し環境保全にも取り組み

カップオブエクセレンスの受賞実績もある農園です

テストで飲んだコーヒー豆は、

すこし苦味を感じましたが

良いコーヒーでしたよ

  


Posted by cafe-park at 10:53Comments(0)豆のこと

2013年02月09日

エル・ボスケ農園




写真、100キンでおもわず買ってしまった



ニカラグア エル・ボスケ農園

中米、ホンジユラス、コスタリカの横

ニカラグアの豆が入荷した

ニカラグアで最高級コーヒーを生産するディピルトの山地で

古くから生産しているエル・ボスケ農園

毎年安定した品質のコーヒーが生産されている

柑橘系でスッキリした味は、

フルーティな甘みのあるコーヒーですね・・・  


Posted by cafe-park at 13:18Comments(0)豆のこと